福寿園京都本店では、ものづくりを代表する人間国宝、重要無形文化財保持者7人の名匠による作品を各階に納めさせていただきました。福寿園は、福井家の家訓「無声呼人」-声を出して呼ばなくても、お越しいただけるものづくりをする-を心の支えとして、お茶づくりにいそしんで参りました。福寿園の伝統のものづくりの技を、さらに磨き、京都を代表される匠の技に一歩でも近づきたいとの願いと決意を込めたものでございます。お客様の王朝文化への深いご理解を誘うと同時に、京物の真価の伝承への一助になればと存じております。
ページの先頭へ戻る